VOL.0 《入社の経緯》~ある日ある時のひとコマから浮かび上がる新しい視座~

イマエダヨシヒト、ブログをはじめました

~「ある日ある時のひとコマから浮かび上がる新しい視座」

というテーマでつづります。時系列はまちまちになりそうです。

およそヒトがつくり出す「モノコト」はよく眺めてみると、背景があり、

積みかさねられた日々の「なにか」が結実した、

あたかも果実のように感じます。

中には歴史や文化や風土のような背景があるかもしれません。

「なにか」の結実には様々な積み重ねが垣間見られ、実に興味深いのです。

ある日ある時のひとつひとつの積み重ねが、どんな今に繋がり

どんな未来をもたらすかに想いを馳せて生まれてくる

そんなワタシの視座を

面白がっていただければと、雑記風に、テキトーな軽ろやかさでつづってみたく思います。

どうぞよろしくお願いします。

《入社の経緯》

1991年イマエダヨシヒト入社時の会社概要

さて、初回はワタシの《入社の経緯》です。

第3者の視点でつづってみたく思います。

ワタシという存在を、あたかも別の存在が語るようにつづっていきます。


その男は、事業人になり30年が経った。

1991年、社会人経験ゼロで、曾祖父、祖父と父つづく会社に入社。

昭和47年イマエダヨシヒトが小学校に入るころのカタログ

当時をふりかえると、のほほーんとバブルの世で東京での大学生活をおくり、

なんとなく気づくと一浪一留した24歳の名古屋のボンボン。

あまり思慮もせず、夏休みに遊びついでに実家のカイシャを見に行ったのだ。

世にいう「就活」という名目の、初の会社訪問だ。

幼少期に遊び場として実家のカイシャは存在した。

しかし、このカイシャの家系に生まれたにもかかわらず、

どんな会社なのか気にしつつも、ほとんど中身を知らず育った。

というよりも、誰もそのことを聞いても語らなかった。

創業者 今枝鉄太郎時代のカタログ
大正時代モダンな乳母車を当時は製造

のちに(明確な理由はわからないが)ここは述べたいと思う。

そもそも、バブリーで生意気なこの男の就活はナメ腐っていた。

「いろいろ見て回ったけど、行きたいところないわ!」とたった1社しか応募しなかった。

しかも聞いたこともない米国外資の投資銀行系証券会社だ。

どこで見つけたのだ?

最後まで行けば95%は通るからと言われ、なんの根拠もない自信でいい気になって臨んだら、

なんと最後の関門まで通ってしまったのだ。

が、しかししかし、ハードな最終ディレクター面接で、まさかのコケ下ろし祭り…。

散々ダメ出しされて、箸にも棒にも掛からぬという始末だ。

「おまえは田舎に帰って、お山の大将でもやるのがお似合いだ!帰れ!」

男は一言も発言するスキを与えられなかった。ただ履歴書を一瞥し、

マシンガンのようにコトバの弾が、男をズタズタにして終わった。

その後のやる気のない追加の就活で、なんとか1社から内定をもらうも、

内定者研修という、いわゆる当時の拘束研修に出たら

「アホくさくて、やってらんね~」という、これまたサイテーな動機に

もっともらしい言い訳を添えて丁重に内定を辞退。

そして、夏休み。

あらゆることをやりつくして、ヒマを持て余したこの男、

まあ、紆余曲折、訳あって、

なんと、ノリで父親の会社のバイトをやることにしたのだった。


さあ、この男、ここから、怒涛のシゴト人生がはじまる。

このふざけたような男が織りなす、

日々の「なにか」

今になって、ふりかえると、なんでもなかったようなことの中に

オモシロい事がたくさん見いだせてきたのだろう。

たぶん、新しい視座が年齢もあってか少しは芽生えたようにも感じるのだ。

これから、この男の過去のさまざまな場面から見出せる

ユニークな「なにか」をつづってみたく思います。

どうぞよろしくお願いします。

関連記事一覧

PAGE TOP